女性の誕生日プレゼントに花束を|気持ちは言葉以外でも伝わる

香典返しの種類

香典返し

香典返しのマナーとは

香典返しとは、通夜や葬儀の際にいただいた香典やお供え物に対してお返しする品物のことです。一般的に、四十九日、忌明けのころにお礼のお手紙を添えて送られます。半返しといって、いただいた金額の半額ほどの商品を差し上げるのがマナーです。いただいたものより高いものを差し上げるとかえって失礼にあたりますので気を付けましょう。また、消えものといって食べてなくなるお菓子やお茶などの食品、日常的に使用するタオルや洗剤など、良く利用される商品がおすすめです。金額が大きい場合は、商品券をお返しするのがよい場合があります。地域での習慣もありますので、確認するとよいでしょう。弔電をいただいた方には、香典返しの必要はありません。

カタログギフトの利用

最近ではカタログギフトが注目を集めています。お祝い返しや香典返しに利用できる便利な商品です。お返ししたい相手にカタログギフトを送付すると、相手は好きな商品をカタログの中から選ぶことができ、欲しいものを注文するというシステムです。お返しの品は、相手の好みによって選びたいものですが、一人一人の好みに合わせることはとても難しいです。好きなものを選んでもらえるというところが最大のメリットです。またカタログギフトの金額設定も幅広いので、いただいた金額に応じて選ぶことができるというのが特徴です。選べる商品内容も、食品や衣料品、雑貨、日用品、食器、おもちゃなど広いジャンルで取り扱っています。カタログギフトは香典返しにもおすすめの商品です。