女性の誕生日プレゼントに花束を|気持ちは言葉以外でも伝わる

思い出に残る電報

お花

電報の基本価格はあまり大差がない

昔は身内の危篤を知らせたり、急ぎの要件を伝えたりと日常生活の中で使われた電報ですが、今では固定電話電話そのものや携帯電話やスマホなどのデータ端末普及により手軽に連絡が取れる時代となってます。電報を送るシーンといえば、ビジネスでの開店や創立祝い、プライベートでは慶弔でのお祝いとお悔やみ、進学祝などが多くなってきています。電報は会社によって価格がそれぞれ違いますが安くても500円台から、文字数や台紙にオプションによって価格が変わっていく形です。つまり送りたい文章に対する価格というものはあまり大差がなく1000円程度といった相場で、伝えたい言葉や気持ちをどのようにして相手に届けるかで価格が変わるサービスなのです。

気持ちを贈りたいなら

少し前までの電報は文字が刻印された紙をデザイン台紙に張ったり、ぬいぐるみの持った筒に入れられたりといったものでしたが、最近では生花の花束やバルーンアート、熊野筆(メイクブラシ)やカタログギフトなどと非常に多彩になってきました。しかし最大の変化といえば、動画を送るサービスが開始された事です。これにより言葉では届けきれない気持ちを表情や声で届ける事が出来るようになりました。このように電報会社の良し悪しというのは、価格で決まるものではなく相手の心に残るシチュエーションを一緒に演出してくれるサービスを提供している会社かどうかで判断する事が大切です。折角送る電報です。いつまでも色あせず心に残るものを選びましょう。